糖尿病になる原因について

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態を言います。糖尿病は発症要因によって大きく1型糖尿病、2型糖尿病の2種類に分けられます。日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病になります。糖尿病を放置すると全身にさまざまな影響が出てきますので、注意が必要です。また、糖尿病はストレス、肥満、暴飲暴食、運動不足などさまざまの原因で発症しますので、下に糖尿病の原因について紹介しますので、是非ご参考ください。

1.肥満

肥満は食べ過ぎの結果として現れる症状ですが、肥満度が高いほど、糖尿病である確率が高いと言われています。太っていることで、インスリンの働きが極端に弱まるため、上がった血糖値はなかなか下がりません。また後に述べる運動不足とも深く関わっており、肥満の方はまずは痩せることが重要でしょう。

2.ストレス

ストレスは様々な病気を引き起こすことがわかっていますが、糖尿病の発症にも関わっているそうです。ストレスがどうして糖尿病にかかりやすくさせるのでしょうか。ストレスがあると血糖値を上げるホルモンが分泌される一方で、インスリン抵抗性が高まりインスリンの効きが悪くなります。このため血糖値が上がるといわれています。さらにストレスによる問題は過食です。ストレス発散で食べ過ぎる事で血糖値が上がりやすくなってしまうのです。また、糖尿病の人はストレスにさらされている事がおおいので、うつにもなりやすいと言われています。

3.運動不足

また運動不足は糖尿病の発症に関係が強いといわれています。運動不足となると、エネルギー代謝が悪いので食事からとったブドウ糖が過剰な状態になってしまうためです。運動不足は肥満を引き起こす原因にもなり、肥満になるとインスリンの効きが悪くなるので、血糖値のコントロールが悪くなり糖尿病になりやすくなります。日頃から適度な運動を心がけて、代謝効率のよいからだを作っておく事が予防につながるといえるでしょう。