糖尿病の症状についての紹介

糖尿病は自覚症状が現れてきたとき、病状が進んでいる状態に至る疾患です。多くの場合、糖尿病の症状をよく知らないうちに、自覚症状が現れても早めに治療を受けていません。結局、ひどい状態になってしまいます。次は糖尿病の症状をまとめています。もし需要があれば、是非ご参考ください。

糖尿病の代表的な症状として、口渇、多尿、体重減少、疲れやすくなることなどがあります。それらの症状は現れてくるとき、糖尿病になる可能性がありますから、早めに病院に行って糖尿病の診断を受けたほうがいいと思われています。もしそれらの症状を放置し、血糖値が高いままの状態が続くと、全身にさまざまな合併症が生じるようになります。換言に言えば、糖尿病の一番の治療時間を逃すことになってしまうかもしれません。それで、糖尿病の早期症状を了解して重視してください。

口渇
糖尿病の場合、血糖の高い状態が続くと、脳は脱水症状であると判断し、水を飲み血糖値を下げるように指令を出します。そのため、激しいのどの渇きを感じるようになります。
日に日に飲む量が増えていき、少なくとも2週間以上それが続いているようでしたら、糖尿病を疑ってみた方がいいかもしれません。

多尿
水をたくさん飲んでいるのでトイレの回数が多くなったりしても当たり前のことで異変には気づかれにくいですから、注意してください。

体重減少
糖尿病になると、血液の中のブドウ糖が多くなります。すると血液はドロドロの状態になり血流が悪くなっていきます。栄養がちゃんと運ばれなかった臓器などは、届かないブドウ糖に代わって体の脂肪や筋肉を代替エネルギーとして消費するようになってしまいます。これによって体重の減少が起こります。

疲れやすい
食べたものを消化するため胃腸などの消化器官にまわった結果生じるもので、生理現象といえます。しかし、インスリンの量が不足していたり、うまく作用しなかった場合、血糖値は正常範囲を超えて上がり続けます。高血糖になると、体のだるさや眠気などの症状が生じます。食後の強烈な眠気は、正常範囲値を超える高血糖によって生じているものかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation