糖尿病の症状についての紹介

糖尿病は自覚症状が現れてきたとき、病状が進んでいる状態に至る疾患です。多くの場合、糖尿病の症状をよく知らないうちに、自覚症状が現れても早めに治療を受けていません。結局、ひどい状態になってしまいます。次は糖尿病の症状をまとめています。もし需要があれば、是非ご参考ください。

糖尿病の代表的な症状として、口渇、多尿、体重減少、疲れやすくなることなどがあります。それらの症状は現れてくるとき、糖尿病になる可能性がありますから、早めに病院に行って糖尿病の診断を受けたほうがいいと思われています。もしそれらの症状を放置し、血糖値が高いままの状態が続くと、全身にさまざまな合併症が生じるようになります。換言に言えば、糖尿病の一番の治療時間を逃すことになってしまうかもしれません。それで、糖尿病の早期症状を了解して重視してください。

口渇
糖尿病の場合、血糖の高い状態が続くと、脳は脱水症状であると判断し、水を飲み血糖値を下げるように指令を出します。そのため、激しいのどの渇きを感じるようになります。
日に日に飲む量が増えていき、少なくとも2週間以上それが続いているようでしたら、糖尿病を疑ってみた方がいいかもしれません。

多尿
水をたくさん飲んでいるのでトイレの回数が多くなったりしても当たり前のことで異変には気づかれにくいですから、注意してください。

体重減少
糖尿病になると、血液の中のブドウ糖が多くなります。すると血液はドロドロの状態になり血流が悪くなっていきます。栄養がちゃんと運ばれなかった臓器などは、届かないブドウ糖に代わって体の脂肪や筋肉を代替エネルギーとして消費するようになってしまいます。これによって体重の減少が起こります。

疲れやすい
食べたものを消化するため胃腸などの消化器官にまわった結果生じるもので、生理現象といえます。しかし、インスリンの量が不足していたり、うまく作用しなかった場合、血糖値は正常範囲を超えて上がり続けます。高血糖になると、体のだるさや眠気などの症状が生じます。食後の強烈な眠気は、正常範囲値を超える高血糖によって生じているものかもしれません。

糖尿病の改善と治療方法の大集合!

糖尿病の発症は生活習慣に密接な関係があります。過食、高脂肪食、運動不足、ストレス、喫煙などの生活習慣は糖尿病をもたらしやすいと認められています。それで、糖尿病の改善と治療方法について、糖尿病の誘発因子に対して食事療法、運動療法、薬物療法という三種類があります。

食事療法
食事療法は糖尿病の治療方法の中に一番重要な方法です。食事療法の原理は食事で体内に取り入れるブドウ糖の量を制限することで、膵臓の負担を和らげ、血糖値の上昇を防ぐことです。具体的に言えば、食事の量、食べ方及び栄養バランスという三つの方面を含んでいます。一日三食をきっちり食べて、過食、お菓子を厳しく控えます。それでも、カロリーを制限するとともに、栄養バランスを保つことも大切です。

運動療法
運動療法は肥満のために行われる糖尿病の治療方法です。適度な運動は、糖尿病の予防や改善に必要です。特にジョギング、体操、水泳、サイクリングなどの有酸素運動はブドウ糖を消費することに素晴らしい効果があります。他には、運動はインスリンの効きを良くするという報告もあります。体の中の糖が効率よく消費されるために15分以上の有酸素運動は必要ですから、それで、糖尿病の予防と改善の目的に達するように15分以上の有酸素運動を行わなければならないと考えられています。また、注意すべきなのは低血糖症状が起きる場合、あるいは合併症を持つとき、お医者さんと相談して自分に適切な運動と運動量を選びましょう。

薬物療法
糖尿病の薬物療法について、糖尿病治療薬を利用する方法です。食事療法と運動療法を通して症状がなかなか改善されることができない場合に行われる治療方法です。糖尿病治療薬には、大きく分けて経口血糖降下薬とインスリン注射の二種類があります。